点と線、青と緑

本当に大切なコトを大切にして生きる

生まれ変わった上靴

f:id:blue-green0525:20160912173325j:plain

保育園児の娘が新しい上靴を欲しがりました。
娘の話によると、仲良しの子と新しくクラスに入って
きた子の上靴が、お揃いの新しいもので、それが原因
で自分が遊びの仲間に入れてもらえないのだとか。
仲良しだった子が親友じゃなくなった!
とまで言いました。

まだ”親友”の意味も解っていないと思いますが・・。

娘は必死になってその可愛いレースとリボンのついた
新しい上靴をせがみました。どこで売っているのか
お店のリサーチまでして私に訴えます。

娘が履いていたのは、子供服の量販店で買った安価
なもの。一応キャラクターがプリントされていました
が、かなり洗いを繰り返しくたびれていました。

そうそう、私にも覚えがあります。
友達とお揃いのモノを持っていないと、仲間外れに
なるのではないかという不安・・・。でも私の場合
それは小学生位までで、あとは人と同じモノ持つな
んてつまらない!と思うようになりました。
今も同じ。

 ・・解るよ娘、その不安・・・。そんな複雑な気持ち
を抱くようになったのね!娘の不安をよそに、
母はキミのその心の成長が嬉しい!!
と思うのでした。

そんな娘の不安を拭い去るべく、
友達と同じものを持ってなくたって、変わらず仲良し
でいられるということ、新しい友達ができてこれから
もっと楽しくなるよね、ということを話しました。
なにより、今使っている上靴が大きさに余裕があり
まだまだ履けるという事実!ここが大切!!
とも話しました。

母としては、自分が使っているモノを大切にして
もらいたいのです。目の前の新しくてキラキラして
いるモノに心を奪われて、理由が曖昧なまますぐに
買い替えるようなクセをつけたくありません。

しかし、娘もキラキララブリー..*****..が
大好きな女の子、その乙女心は痛いほどよく解る!

『よ~し!お母さんが世界でたった一つの、
キミだけの上靴を作ってあげる!おうちにあるレース
とかビーズから好きなの選んで!』

そう言うと娘は思いのほか喜んで、私の話を納得し
新しい上靴購入をあっさり諦めたのでした。

ピンクのレースとボンボンとパールのビーズを
縫い付けて、オリジナル上靴完成!!

土台の上靴は少々薄汚れてくたびれていますが、
娘は満足してくれたようです。

次に買い替える時は、キャラプリントがない無地の
上靴を買って、娘とまた上靴デコをしようと約束
しました。プチ楽しみが増えたわ~(*^-^*)


子供の成長は早くて、この上靴もすぐに履けなく
なります。でもこんな娘とのやりとりや手作りの
時間も、とても楽しくて大切にしたいコトの一つです。

 

 

 

 

目指すはフランス人!?

 f:id:blue-green0525:20160914191805j:plain 

プロジェクト333、実行してみました。
只今2クール目(4か月目)です。

スタート前に33アイテムをセレクトするわけですが、
この作業がとても楽しかった。

f:id:blue-green0525:20160914191706j:plain  f:id:blue-green0525:20160914191916j:plain
結構できますコーディネート。
自分自身の日々のライフスタイルを見直す作業にもな
ったので、いかに必要のないモノを所持していたかを
実感することが出来ました。

 

ワンクールが過ぎたころ思ったのは、
33アイテムって多い!です。

ぜんぜん余裕でした。すべてハンガーにかけて吊るし
ておいたので、とても見やすく毎日選ぶのが楽です。
結局出番の少ないアイテムがあったりしたので、
もっと減らせる!と思いました。
ハンガー掛けもちょっと窮屈そう...

f:id:blue-green0525:20160913142632j:plain
目指すはプロジェクト123(12点で3ヵ月)!
フランス人は10着しか服を持たないそうで、、、
きっと不可能ではないですよね。

 

ただ、季節の変わり目に対応できる、調節機能的な
アイテムが必要だと感じました。この四季の移り変わ
りがとても豊かな日本で、現時点と2~3か月後では
かなり気温が違います。
だからおしゃれの幅が広くて楽しいのですよねっ!

まだまだセレクト厳選、改善の余地が大いにあるので、
今後が断然楽しみになってきました。

このプロジェクトを続けていこうと思います。
すでに4クール(1年間)分のそれぞれ33アイテムは決定
済で、とにかく1年通して実践しようと思います。

4か月目にしてすでに「33アイテム多い」
と感じているので、2年目には大幅にアイテム数が
減っていることでしょう!

いかに少ない服でも充分過ごせるか、本当に私に必要
な服はなんなのかが明確になっていく感じがします。
あんなに処分するのが心苦しかったモノでも、自然に
「私には必要ない」と思えてくるので不思議です。

私なりの上級セレクト、見極め身軽になる。これが理想です。

 

 

 

プロジェクト333

f:id:blue-green0525:20160808135900j:plain

いざお洋服の断捨離!と意気込みましたが、愛おしいアイテムの数々...
ぱっぱかお片付けなんて出来ません。
ストイックさのかけらもないゆる~い私に、
ゆる~くお片付けできる方法はないかと探してみました。

そこで見つけたのがプロジェクト333です。

~プロジェクト333~
アメリカのコートニー・カーバーという
ミニマリストが2010年に始めたものだそう。

ワンクール3か月間の間、33点のみ
(洋服、アクセサリー、靴)で過ごすというもの。

ただし、ルームウエア・バジャマ・下着・
スポーツウエアは含めなくてもよい。

そして残りの服はすべて箱に入れてしまっておく。

 この、数に含まなくてもよいアイテムがあったり、
残りは箱にしまっておけばいいという、
ゆる~いルールが私にぴったりだと思い、
捨てなくても良いのねっ、と気持ちが楽になったのです。
すでに様々な人たちが実践しているこのプロジェクト、
今さらながら私もまねっこさせていただきました。

 

 

お洋服の数

f:id:blue-green0525:20160808135735j:plain

私はお洋服が大好きです。
私の所有物の中で大半を占めているであろう、
お洋服の数を数えてみました。

靴とバッグを含めて236点。
ただし下着、ホームウエア類は含めず、
ショールやストール等も含めていません。
それら小物も含めれば300点は余裕で超えるでしょう。

でも実際よく使うアイテムはほんの少しなのです。
全部着たいのに着こなし切れずに毎日ストレスを溜める・・・
この変な現象を打破しなければ。


 

 

整理整頓

f:id:blue-green0525:20160808103106j:plain

今まで、たくさんのモノを所持しながらも、私は整理整頓・お掃除・お片付けが得意だ!と自負していました。
実際、キレイに整った部屋や引き出しの中を人に褒められたりもしました。
得意だ!好きだ!と思い込み、部屋の模様替えやお片付け、面倒くさいコトにたくさんの時間を費やしました。
ゆる~い時間の中で自分のことだけしか考えていなかったから出来たのですね。。

今は…はっきり言って面倒くさいことだらけです!!
それはモノが多いから!
自分の所有物、家族の所有物をちゃんと把握し管理できてないから!
家事・育児・仕事と忙しいから!

何より、面倒くさがらずに本当に大切にしたいコトが他にあるからです。
時間もモノ・コトも優先順位が以前と変わってきたんですね。

日常当たり前のように行う動作、作業、できるだけ簡単!簡潔!な方がいい。
整えて暮らしやすくするための最初の努力、面倒くさがらずに始めようと思います。

線を引く

f:id:blue-green0525:20160722164206j:plain

家の中も、心の中も、大分とっ散らかっているので、
ブログというこの場をお借りして、私自身と我が家のお片付け過程を記録していこうと思います。

言葉を文字にし、目に映るものを撮ったり描いたりして、
このブログで"今"を再確認していきたい。

私なりの"線"を引き、定めた"点"を目指したいと思います。

点を定める

f:id:blue-green0525:20160719164709j:plain あれもこれもと欲張りな様...

もともと我が家は所有物がかなり多いです。
所有物の量についてなんとなく考え始めたのが、13年前の母の死から。
そして断捨離行動のきっかけとなったのが5年前の中古住宅購入と義父の死。
その時は出産の時期も重なっていました。
生きているときは、その人の所有物だったものが、死んでしまえば“遺品”になってしまいます。
自分の身が無いのにモノは残されてしまうのです。亡くなった彼らの生きてきた証を、ぱっぱかお片付けなんて出来ません。彼らの思い入れがあるから。
モノが多ければ多いほど切なさも多いです。
彼らが残していった多くのモノを片付けることは、生きている私達の気持ちを整理する作業にもなると思いました。

 

主人の実家を手放すことになったので、大量の家財一式が我が家に運び込まれることになりました。全て自分たちの手で片付けることにしたので、その作業量の多いこと!我が家にモノが多いのは、親譲りかっ!と思いました。
義父の死の直前に我が家は中古住宅を購入していて、古い家を自分たちの手で好きなようにリノベーションする、そんな思いで新生活を送っていました。そして義父の死の直後、私は子を出産しました。そんな中、大量のモノ達が我が家に入ってきたのです。

 

家事・育児・仕事と日常の生活を送り、私以外の家族の時間と気持ちを考慮しながらの片付け。思うように進まず、十畳のスペースに詰めるだけ詰め込みました。山積みされたモノを眺めてはため息をつく毎日、体力的にも精神的にも負担が大きいです。我が家のリノベーションも中途半端、当初の計画も大幅に変更しなければなりませんでした。

 

この状態が何年も続いているのです。本当は業者に依頼してしまいたい、でも今の経済状態では困難なので自分たちで行うしかありません。
しだいに十畳のスペースに留まらず、生活空間も窮屈になってきました。それと同時に気持ちも窮屈になります。特に主人は仕事がとても忙しく、会社でも家でもやらなければならない物事が増える一方で辛そうです。子の遊びスペースも定まらず玩具があちこちに散らばる。家族のイライラが増し、自然に家庭内の雰囲気も悪くなる...。
モノを片付ける時間と、気持ちを整理する時間は比例していると感じました。

 

生きて行ける時間は有限です。ため息をついてモヤモヤしている時間がもったいない!もっと毎日笑顔でハッピーに暮らしたいのに!
「私はたくさんのモノを残さないで死のう、私の子には本当に大切なモノだけを残そう」そう心に決めました。

 

私に出来ることはなんだろう?私が今やるべきことは?
私の一存では片付けることのできないモノに関してはとりあえず目をつぶり、私はまず、なんとなくしか考えてこなかった自身の所有物を全て把握することにしました。私はいったい何をどれだけ所持しているのか?そして断捨離です!!この状況をなんとか打破したい!!まず私自身がスッキリしたい!変えるのは自分から!です。
もう、逆に遣り甲斐があるってもんです。
私自身がスッキリしていれば、もっと余裕をもって周りの状況を見られるようになれると思うのです。
 

私は“点”を定めました。
本当に大切なモノを見極め厳選し、大切にして生きるのです。